短小でも風俗で満足

風俗嬢の実力はやっぱり凄いと思った

やっぱり風俗嬢の実力は凄いものなんだなってことをこの前の風俗で思う存分味わうことが出来ました。正直、自分の手とそこまで変わるものじゃないだろうって気持ちがあったんですよ。だって同じ人間だし、それにどちらかと言えばと言うレベルじゃなく、自分の体のことは自分の方が分かっているって思っていたんですけど、風俗嬢は男の体のことをよく分かっているんだなって実感させられました。とにかく素晴らしいですよね。個人的に、そこに物凄く感動したんです。自分はオナニーしていれば風俗なんてさほど必要ないだろうって思っていたんですけど、その考えは訂正させてもらいます。まったくの別物です。別物であり、別次元。そう思えるくらい、本当に素晴らしいものがありましたし、何でここまで多くの男が風俗に足を運ぶのかもよく分かりました。自分も初風俗を通して、もっともっと男として満足したい。そんな気持ちにさせられた貴重な時間になりましたよ。

楽しめるだけの余裕がある時ですね

風俗でどれだけ楽しい時間を過ごせるのかは、結局それだけ自分に余裕があるのかということも大切なんじゃないですかね。切羽詰まっていると、風俗嬢と向き合っていてもそちらに気を取られてしまって思う存分遊べないんじゃないのかなって。だから何かしら心配事がある時には風俗では遊ばないようにしているんです。その時は、まだまだ遊ぶべきタイミングじゃないし、そんな時に無理に遊んで消化不良とまでは言いませんけど、思ったいたほどじゃないって思ったとしてもそれは女の子の性じゃなくて自分のせいじゃないですか(苦笑)そんな展開だけにはなりたくないというか、勿体ないじゃないですか。だからそんなことにならないよう、風俗で遊ぶ時には自分の都合というか、自分自身に余裕のある時にとは思うようにしていますけどね。これは風俗に限った話ではなく、楽しみたいことがあるなら余計なことを考えないようにとは思いますよね。それくらい、タイミングは大切なんです。