短小でも風俗で満足

何気に良く行くのはソープですね

風俗の中で、何気に一番お世話になっているのはソープなんです。ソープというジャンルが好きと言うのもあるんですけど、それ以上に自分が感じているのはソープが近いということです(笑)会社の近くにそこまで大きい訳じゃないんですけど、何件かソープが並んでいる「ソープ街」があるんですよ。そこが最寄の風俗なんです。それにホテルよりも近場にありますので、抜きたいなって思った時に最も近くにある、抜ける場所ってことになりますよね。だからジャンルの魅力そのものよりも立地が大きいんじゃないのかなとは思いますけど、ただ単に近いだけではさすがにここまでのものにはなっていないんじゃないかなって思いますよね。やっぱりソープで遊んでいると思うんですけど、あれは男の理想そのものと言っても決して過言ではないんじゃないのかなって。とにかく楽しいのは間違いないですし、何気にソープって男としての本能をこれでもかと満たしてくれるので好きなんですよ。

目的に応じて使い分けています

風俗は特別に「これだ」と思っているものはないんです。いわば全部好きです(笑)ただ、その時の気分とか目的は変わりますので、それらに応じて遊ぶ風俗を変えるってスタンスですね。安く遊びたいなって思ったらピンサロが無難ですし、値段を問わずに女の子から最高のおもてなしを受けたいなとか、男としての欲求を思う存分満たしたいなと思ったらソープがいいですね。とにかくずっと攻めてもらって、男としてのマゾ気分を満たしたいなって思ったら性感マッサージ。こうしていろいろと使い分けていますので、毎回違ったゴールを楽しませてもらっている気がします(笑)これだけ汎用性と言うか、幅広く楽しめるからこそこのスタンスも有効だと思うんですよね。どう楽しむのかまで含めてこっちが選べるじゃないですか。これはやっぱり大きいなって思いますし、自分が主役気分を遊べるとなれば、男としてテンションも高まりますよ。だから常にモチベーションも高いんです。